Read Me

オトノハ
「声の網」


ご挨拶

QRコードより、または城下HPよりようこそおいでくださいました。
本日はご来場いただき、誠にありがとうございます。

本公演は、若手3人の初ユニットとなります。見事に個性の違うメンバーが揃い、今日という本番を迎えることができました。

今回のコンセプトは、ピアノ朗読劇。
日曜日の夜です。ドリンクもあり、ピアノもあり、暗くもなり、きっと眠くなること間違いないです。

しかしそこは寝かせません。
言葉の響き、音の波、星新一さんの世界観へお連れします。

最後まで、どうぞごゆるりと、この不思議な世界をお楽しみ頂けると幸いです。

役者より一言

土居萌子(EN劇集団さんたばっぐ)

ことのきっかけは、昔ピアノを使った舞台が没になったこと。ギターを使った芝居はあるのに、ピアノはなんでないんだろう?理由は簡単でした。ピアノを使うとどうしても場面が限定されやすいから。なら、ピアノが前提の舞台にすればいいんじゃない?そんでもって朗読劇とか面白いんじゃない?そんな安易な考えから、気づけば今日は本番です。妄想って、現実になるんですね。


友森 紫帆里(SOFTGEAR)

人前でのピアノも朗読も、数年ぶりでドキドキ。この公演で、星新一さんの作品を読みたいと思えるきっかけになれば幸いです。

山田 はじめ(ピンクホース縁劇団)

恐縮です。この公演に参加させてもらって思ったことは、ちょっと話を戻しますけど、最近の僕はメイプル超合金のネタを見て笑っていました。
誰でも秘密というのがあるかと思います。僕にもあります。これは秘密の話で、ここだけの話で、本当はそっとしておいて欲しくて、内々で済ませて頂きたいのですが、内々で済ませたいので、やっぱりここには書きません。なんでもないない。現場からは以上でーす。

オトノハ

小さなカフェで、 ピアノ朗読劇をコーヒーのお供に。

0コメント

  • 1000 / 1000